Google analyticsで除外設定

自社からのアクセスを除外したり、
キャンペーンページと通常のページをわけたりすることで
調べたいアクセス数をカスタマイズして表示することが可能になります。

ipアドレスフィルタ

除外したいアクセス先のipアドレスが固定されている場合に可能なフィルタ

Analytics設定→レポートを表示の行にある編集をクリック→プロファイルに適用したフィルタで
フィルタを追加をクリックします。




フィルタ名は好きにつけて
既定のフィルタを選び、
除外 IPアドレスからのトラフィック 右に等しい
を選び、枠内にIPアドレスを記入します。

もし、固定IPアドレスの会社で使ってみて、わからない場合は
googleで「確認君」と調べれば、すぐに教えてくれるサイトがあります。

キャンペーンページを除外

キャンペーンを行うとアクセス数の増加が通常とは変わります。
そのため、キャンペーンページを除外しても見れるように設定します。

全てのページのアクセス数とキャンペーンページを除外したアクセス数がみれるように
別のプロファイルを作成します。




プロファイルの種類を選択では、既存のドメインのプロファイルを追加を選び、
ドメインは今回キャンペーンページを除外するドメイン
プロファイル名は自分がわかりやすい名前であとは完了をクリックします。

次にフィルタをつけます。
Analytics設定→今回作成したプロファイル名のレポートを表示の行にある編集をクリック→という形で、前回と同じ方法でフィルタのページに入ります。



これもフィルタ名を好きにつけて、既定のフィルタをつけて、
除外 サブディレクトリへのトラフィック 右に等しい
を選んで、
枠にサブディレクトリ にキャンペーンページのURLのディレクトリを記入します。
例:/campagin/ など
大文字と小文字の区別 はいorいいえ チェックをつけます。


コメントする